祖母日記 PR

おばあちゃんイオンで靴を選ぶも大苦戦…

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今でも現役1人暮らし。 マイペースで ちょっぴり自分勝手。でもどこか憎めない。

たまにツッコミを入れたくなることもあるオモシロおばあちゃん。

おばあちゃんと一緒に過ごす時間には何かが起きる!

そんなおばあちゃんと私の日常を綴る祖母日記。

 

おばあちゃん

靴を買いたいんだがなぁ…

おばあちゃん

他の記事には何書いたんだぁ?

靴を買いたいおばあちゃん

「雨の日に病院に行ったら靴がビショビショになったから、新しい靴が欲しいんだけど行けるか?」

この日はおばあちゃんからのお願いが。

90歳オーバーで1人で病院に歩いて行くなんて大したもんです。

靴が欲しいならその意欲に任せて連れて行ってあてようじゃないですか~~

早速、買いに行く準備。まずは行き先を話し合います。といっても近くのお店は限りがあるので迷わずサクサク決まるというか私が提案。

行き先はイオンに決定。大型ショッピングモールはとにかく広くて高齢のおばあちゃんには移動の難易度が高め。スーパーのように買い物カートも使えないのでこの日は杖を持って行きます。

車に乗り込んでいざ、出発!

そして10分ほどで目的地イオンに到着。

皆さんはイオンって行ったことあります ?イオンの駐車場って場所によって立体駐車場だったり平面の駐車場がやたら広かったり。

私の行くイオンは田舎のだだっ広〜~い土地に構えられてるから駐車場がやたらと広く歩いてお店に入るまでにも一苦労。

入り口近くの駐車場はやっぱり空いていない…空いている場所は入り口から離れているし遠いけどしょうがないかぁ。

この日は7月末。車を降りると強い日差しがジリジリと体に降り注ぎ、暖房に当たっているのかと勘違いさせるような熱風が吹き抜けていきます。

杖をつくおばあちゃんに付き添いながらやっとの思いでイオンの中に入ります。

靴選びの始まり

店内は冷房も効いていて外とは別空間。

気を取り直してイオンの中を回ります。

まずおばあちゃんの目に留まったのがスケッチャーズのショップ。

おばあちゃんは気の向くままに店内に入っていきます。

マジか!

おばあちゃん、シャレた靴に興味を示すなぁ~。

ただおばあちゃんの足のサイズは22cm。合うサイズは簡単には見つからないのではと思いながら店内を眺めます。

まぁ、おばあちゃんが興味を示すものは見させてあげたいし、これも高齢者には良い刺激。そう思って私もおばあちゃんの後ろをついて歩きます。

店員さんは「ご自由にどおぞ〜」なんて声かけてきます。

靴を選んでるのは私じゃなくて90歳オーバーのおばあちゃんなんだけど、わかってんのかな?

てか、90歳のばあさんがスケッチャーズを選んでいるなんて思わないかもな。

おばあちゃんがスケッチャーズの靴を手に取っている姿は微笑ましい。

そう思いながら店内を回るのですが、満足する靴が見つからなかったので次のお店を探すことにします。

エスカレーターで上がれるのか、おばあちゃん。

次に向かうお店は2階になるので、エスカレーターを使います。

エスカレーター。おばあちゃんはいつぶりに使うんだろうか。

一人で乗れるのかな…ちょっと心配。

そう思いながら進んでいくと徐々にエスカレーターが私たちに迫ってきます。

エスカレーターって足を乗せる場所が動いている速さが高齢者にとっては勢いが良いを言うか、結構早いんですよね。

おばあちゃんが転ばないように私も横について一緒に乗り込みます。

勢い良く動くエスカレーターの動きに合わせて~

せーの、はい!

1歩、2歩。

おう!乗れた~。やるやんおばあちゃん。

乗ったら次は降りなきゃいかんのですが、私の心配をよそにそつなく降りるおばあちゃん。

次に向かったのが ASBee。

おばあちゃんの好みの靴は黒色。目についた靴を手当たり次第に手に取ってきます。

おばあちゃん、好みが黒といってもさぁ、就活用の靴エリアはおばあちゃんの足に合う歩きやすい靴は見つからないと思うよ~。

そう思いながら

「こっちにも良い靴があるんじゃない?」と声をかけて一緒に探します。

カラーとサイズが合う靴が見つからない。手に取った靴がダメなら次の靴。

靴選びが楽しそうなおばあちゃんのテンションもどんどん上がっていきます。

両手で靴を手に取るおばあちゃん。

次の靴が気になるようでどんどん歩いて行く勢いがすごい。

「お前これ持っといてくれ」

手渡したのは杖!

杖を私に手渡してどんどん歩いていくおばあちゃん…

杖を持っている私は一体、何者なのか…

気を取り直して店内を回るも気に入る靴が見つからないものですねぇ。

おばあちゃんの足は22cm。サイズが合わないので今度は子供用の靴にしようと提案。

子供サイズの靴売り場で私も一緒に探します。

何足かの中からめぼしい靴を見つけて試し履き。

「よし、これにするか」

「靴は履いた感覚をたしかめることが大切だから履いてみな」

「おう、じゃあ 履けばええだな」

そう言って、その場で立って靴を履こうとするおばあちゃん

その時、一瞬

ふらっ…

反射的に支えようと手が伸びます。

何事もなかったような表情のおばあちゃん。

お〜い、頼むから座って靴を履いてくれよ〜。

「座って靴を履ける場所があるから、そこに座っていいんだよ」

「おう、そうか」

促されるままに座って靴を履くおばあちゃん。

履いて、実際に歩いてみたら割といい感じ。

ただ 22cm だと少し大きいような気がするというおばあちゃんのために

21.5cm の靴も持ってきて履き比べをします。

結局 選んだ靴は 22cmのコレ

履き比べて納得して1足の靴を選べました。

高齢者には歩きやすい靴がいいですもんね。

納得できる靴は見つかっておばあちゃんも満足そう。

このまま帰宅するのですが、せっかくなのでイオンの中を一回り。

いくつになっても女性はきらびやかなものが好きなんですね~。

アクセサリーに興味を示す90歳オーバーのおばあちゃんにちょっと笑ってしまう私でした。

「面白い話」の宝庫な祖母。暇つぶしになるクスッと笑える実話集私には祖母がいます。90歳オーバーで現役一人暮らし。マイペースなのにどこか憎めない。そんな祖母と私の日常を綴っている祖母日記。お暇なあなたに読んでもらいたい笑える話にちょっぴりしんみりな話。全て実話のおばあちゃんとの話をお楽しみください。...

ABOUT ME
こくだん
日常の発見や体験は人それぞれ。 自分の体験したことや新たな発見、少ない滑走日数でも充実している趣味のスノーボード、お出かけや旅行のネタを中心にブログ記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.