祖母日記 PR

おばあちゃんのはしご酒ならぬ はしごショッピング

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今でも現役1人暮らし。 マイペースで ちょっぴり自分勝手。でもどこか憎めない。

たまにツッコミを入れたくなることもあるオモシロおばあちゃん。

おばあちゃんと一緒に過ごす時間には何かが起きる!

そんなおばあちゃんと私の日常を綴る祖母日記。

 

おばあちゃん買い物好きだね~

おばあちゃん

買い物に行きたいんだがなぁ

朝市でお買い物

今日は朝一番でおばあちゃんと朝市でお買い物 。

朝市ってめっちゃ早くて、7時過ぎには朝市に到着。

朝一番とは言っても実はこの前にもう一仕事済ませてて、朝市前にお墓参りにも行ってきました 。

どんなけ朝活大好きやねんって話。

やっぱりお年寄りは朝が早いね。

私もお墓参りに付き合ってるんでお年寄り並みに早起きな朝活男子に育ちました。

朝市会場に着くとまぁお年寄りがいっぱい。

みんな顔なじみで知り合いなのか?って思える特有のコミュニティーがあってみんな元気で活気がある。

そして、やっぱりお年寄りは朝が早い。(2回目)

朝市に行って気付いたのは、売っているお店の人もほぼお年寄り。

お客が来る前に準備してるんだよなぁって思うと、お店のお年寄りも朝が早い。(3回目)

私、朝市って野菜とか果物とか売ってるイメージがあったのですが、

実は売っているのはそれだけじゃないんです。

服も売ってるんですよ。

お店のおじいさんがおばあさん 2人を呼び込んで「お姉さんサポーター 安いんだよ。これ 国産なのよ、どう?」なんつって売り込みしてます。

今は令和?、昭和?

そんなこんなで おばあちゃんと お店をぐるぐる回りながら買い物終了。

おばあちゃんも芋とか野菜を変えたようでご満悦。

ゆっくり買い物したので気がつけば8時半は回っています。

いやぁ~よく歩いたね。これで、帰宅かなと思いきやこれからどうするのか?

車に乗り込んでおばあちゃんに聞いてみると…

「もう一軒行きたいとこあるんだけど連れてってくれるか?」とおばあちゃんからのご要望が。

▲目次へ戻る

おまんじゅう屋へ

どこに行きたいのか聞くとおまんじゅう屋。

「おう、お前のそれ(スマホ)でまんじゅう屋が開く時間を調べてくれよ。」

おぉ、ばあちゃん、スマホの活用法を分かってきたねぇ。

検索、検索、検索…

「今日やっとるんかぁぁぁ? ? ? ? ?」

「今日やっとるんかぁぁぁ? ? ? ? ?」

「今日やっとるんかぁぁぁ? ? ? ? ?」

待つことを知らないおばあちゃんの圧力、半端ねぇ…

おまんじゅう屋の開店は9時から。

移動時間を考えればお店が開店する少し前にはおまんじゅう屋さんに到着できそうです。

目指すのは昔からやっているおまんじゅう屋さんで、車が1台通れるかなっていう細いレトロ感のある通りにただずんでいるお店。

予定よりも少し早く着いたので駐車場に車を止めて開店を待ちます。

開店前ということもあってお店はまだシャッターが閉まってる。

相変わらず待つことを知らないおばあちゃん…

「なぁ、まんじゅう屋が開くか心配だで電話かけてみろや。」

いやいや、まだお店開店してないからシャッター開いてないんだって。電話かけたってつながらないからあと2分待ってくれよ。

待っていると…

9時になった時に自動シャッターが少しずつ開いていくのでした。

おばあちゃんの好物はおはぎ、大福。お店に入ってお目当てのものを物色します。

そして欲しいものが手に入っておばあちゃんも満足。

おはぎと大福を受けったおばあちゃん突然、お店の人に質問。

「あみがさ餅はいつ買えるんかね?」

そうするとお店の人は専用のカレンダーを見せてくれました。

そのカレンダーにはどの季節にどんな商品が売られるか書いてあります。

そのカレンダーがほしくなったおばあちゃん。

「これもらえるのかね?」

「これは差し上げられなくて…」

もらえないと言われて残念そうなおばあちゃんがかわいそうに思えたので私はスマホで写真をカシャッ。

写真撮ったから見られるし安心しな。

これで見えるのかとちょっと満足げなおばあちゃん。

車に乗り込んで家に帰るのかと思ったらおばあちゃんからさらなる要望が…。

▲目次へ戻る

スーパーでお買い物

「近くにスーパーあるで連れてってくれや」

まだ買い物行くんかいおばあちゃん。

買いに行きたいっていう意欲は素晴らしいことだから行きましょう。

スーパーの開店時間は9時半。

まんじゅう屋からはすぐだから開店前には着くな…

開店前か…

駐車場に到着するとまだ車はまばらでガラガラ。

おばあちゃんは開店前なのにソワソワしてます。

また、発動するのか…

「おう、並んでる人もいるし、行くぞ」

いやいや、待とうよ、おばあちゃん。

限定品買いに来てて、売り切れると手に入らないならわかるよ。

珍しいフルーツが限定で先着5名とかなら、並ぶよ。

思い付きできたスーパーで何を買うかも決めてないんだよ?

開店前のスーパーに立って並んで得られるものは疲労くらいだよ?

そんな欲しいもたくさんあるわけじゃないんだからゆったりと車の中で待つようにと説得して開店を見届けてから店の中へ。

おばあちゃん一体何が欲しいんだろう?

そう思いながら後をついていくと

「なぁ、お前これ知ってるか?うまいんだぞ。」

おばあちゃんが向かったのは惣菜コーナー。

久々に一緒に訪れたスーパーはシステムが少し変わっていました。

お惣菜屋のコロッケって、タッパーみたいに入ってくるイメージだったけど?

自分で好きなものをトングで取って袋に入れるシステムに変わっていたのです。

そんなこと自分でやってる90歳オーバーのおばあちゃんにちょっと感動。

本当にやれてるのか?おばあちゃんに手本を見せてもらいます。

どうやってやるかちょっと見せてくれよ。

おばあちゃんは慣れた手つきで器用にコロッケを袋に入れてきます。

私はメンチカツを選びました☆彡

90歳オーバーでも新しい環境に馴染んでいくおばあちゃんに感動した気持ちのままスーパーの中を回ります。

続いてアイスクリームを選びたくなったおばあちゃん。

全部がアイスクリーム用の冷凍庫になってます。

アイス買う人ってこんなにおるん?ってくらいアイス売り場がデカい。

そしておばあちゃんに連れられてお気に入りのアイスを紹介してくれるのでした。

俺はなぁ、いつもこのアイスを買っとるんだわ。

おばあちゃんのお気に入りはヨーロピアンシュガーコーン。

「もう1個の青い箱のやつなんだよ?」

同じ種類の色の違いが気になるおばあちゃん。

味が違うんだよと教えてあげると興味津々。

「そうかぁ。味が違うんか~☆彡」と言いながら、おもむろに冷凍庫の扉を開けるおばあちゃん。

手に取ってカゴの中に入れたアイスは…

バニラ!

いつもと同じやん!

さっき聞いたのは何だったんだ?と心の中でツッコミを入れてしまった私。

おばあちゃんにとっては、自分で買いたいと思ったものを買うのが一番ですからね。

そんなやり取りをしながら、朝市に行ってから朝の3時間ほどでお店を3件もはしごするおばあちゃんでした(笑)

レジで支払い後に空き箱の段ボールももらっていくおばあちゃんでした。

何に使うの…

おばあちゃん

他の記事には何書いたんだぁ?

「面白い話」の宝庫な祖母。暇つぶしになるクスッと笑える実話集私には祖母がいます。90歳オーバーで現役一人暮らし。マイペースなのにどこか憎めない。そんな祖母と私の日常を綴っている祖母日記。お暇なあなたに読んでもらいたい笑える話にちょっぴりしんみりな話。全て実話のおばあちゃんとの話をお楽しみください。...

ABOUT ME
こくだん
日常の発見や体験は人それぞれ。 自分の体験したことや新たな発見、少ない滑走日数でも充実している趣味のスノーボード、お出かけや旅行のネタを中心にブログ記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.