スノーボード PR

【ユニオンファルコア】24-25フルモデルチェンジ!魅惑のフィット感は本当か?試乗会でガチ評価した

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

24-25にフルモデルチェンジとなったUNIONバインディングのファルコア。

トラビス・ライスのシグネチャーモデルでオールラウンドに使える新感覚のバインディング。

「雪の抵抗を考えたフォルム」とか「アンクルストラップが今までにない新しい感覚」なんてSNSでも話題になっているし、履き心地や実際の使用感はどうなんだろうか…

気になるなら実際に試乗してみよう!ということでホワイトピアたかすで開催された試乗会で新型ファルコアに試乗しました。

新型モデルのファルコアは驚きのフィット感と抜群の反応の良さがあってボード本来の性能を生かしながら楽に気持ちよく滑ることができるバインディングでした

ファルコアは反応が良くてカービングはキレるし、足首の柔軟性も良くてグラトリ要素のボードのずらしやポジションも作りやすい。

足首の自由度があるから前振りでもスイッチランのポジションも作りやすい。

新型ファルコアを使えば「滑りがうまくなってるじゃん!」ってスノボ仲間に一目置かれる滑りが手に入ること間違いなしって思えましたね(笑)

実際に新型ファルコアに試乗したレビューと使用感を詳しく解説していきます。

✅ 記事のポイント

・ユニオンの新型モデル24-25ファルコアの試乗レビュー

・ファルコアの使用感を解説

・ファルコアの構造を深掘り

私のスペックとマテリアル

身長162cm 体重は53kg

普段使用しているボードは OGASAKA FC 154

ブーツは ナイトロ クラウン 24.5cm

バインはフラックスの XF Sサイズ

✅ 記事を書いた人

「こくだん」

・スノーボード歴20年のサンデーボーダー

・試乗会でユニオンファルコを実際に試乗

・ファルコアのポテンシャルに魅了された人

ユニオンファルコア24-25はフルモデルチェンジ!魅惑のフィット感は本当か?実際に試乗評価した

24-25にフルモデルチェンジとなったUNIONバインディングのファルコア。

気になっていた新型ファルコアをホワイトピアたかす試乗☆彡

新型モデルのファルコアは驚きのフィット感と抜群の反応の良さで滑りのレベルが上がる!自分がうまくなったと勘違いできるバインディングでした。

ユニオンバインディング 24-25モデル!新型ファルコアに試乗

24-25にフルモデルチェンジとなったUNIONバインディングのファルコア。

SNSでも「雪の抵抗を考えたフォルム」とか「アンクルストラップが今までにない新しい感覚」なんて話題になっているし、履き心地や実際の使用感はどうなんだろうか…

ということでホワイトピアたかすで開催された試乗会ファルコアを試乗しました。

ユニオンファルコアはミニディスク

ファルコアはミニディスクなんですよね。

私はミニディスクのバインディングの使用は初体験。

ミニディスクってグラトリ向きなイメージがあってボード本来のフレックスを妨げないのり味が感じられそう。

OGASAKA FCはカービング向けの硬めのボードだけど、ミニディスクってどうなんだろう…初めて使用するミニディスクの操作感が体験できるのは楽しみ☆彡

ユニオンファルコアのアンクルストラップはフィット感が抜群

ファルコアのアンクルストラップはプニプニで柔らかくなったんですよね。

YouTubeで「これ不良品ちゃうの?って思った」ってレビューがあったくらいに新感覚で謎めいたアンクルストラップ。

実際に触ってみると柔らかいし、本当に大丈夫なのか?って思える柔らかさ。

新型ファルコアをボードに取り付けたらフィット感を確かめます。

左足のアンクルストラップを締め込んでいくと…

アンクルストラップが当たっている感覚がないくらいに気持ちよくて、足首部分を包み込むように優しくホールドしてるれる。

柔らかいのに芯になる黒い部分の素材には強さがある。

両サイドの黒いパーツが絶妙に支えてくれてるんですよね。

ラチェットを強く締め込んでも足首部分の窮屈さはない。

赤い部分のアンクルストラップが全部足首部分にフィットして包み込まれる感覚がホント気持ちいいんですよね。

柔らかさはあるのにその中に強さや頼れる感覚もある。

今までに体感したことのないフィット感。

実際の滑りはどんな感触なのか、リフトに乗って山頂を目指します。

ユニオンファルコアはカービングがキレる

この日のコンディションはうっすら新雪が積もった噛みやすいバーン。

気温も低くて3月の奥美濃エリアとしては良好。

山頂に着いたらまずはフラットバーンでファルコアの感触をチェック。

柔らかくて包み込まれるフィット感のアンクルストラップは足首を曲げる方向の制限が無くて曲げやすい。

バインディング自体は強さがあり足元の感触はしっかりしているけど、ミニディスク

だから全方向に動かせる柔軟性はある。

ハイバックはヒール方向の強さもあってボードに力は伝わりそう。

今回は普段から使用しているOGASAKA FC154にファルコアをセッティングしました。

OGASAKA FCはカービング向けの硬めのボード。

普段のFCのような乗り味になるのか、ファルコアでのりはどうなのか、実際に滑ってみます。

OGASAKA FCの解説はコチラをチェック✅

【OGASAKA】FCユーザーが包み隠さずガチ評価!気になるFC-Sとの違いも解説OGASAKA FCユーザーの私がFCをガチ評価しました。FCの滑りと対象レベルを解説したり、FCとFC-Sの滑りと形状の違いを確認。私が考えるサイズ選びやFCのセットバックを解説。気になる中古ボードはアリかナシも独自視点で評価した記事です。...

ターンしてみると今までに使用したバインディングとは明らかな違いが…

足首を固定しているのに自由度があってボードの上で動きやすい。

ブーツが柔らかくなった?と勘違いするくらい足首が曲げられるからしゃがみ込む動作が楽

ファルコアをで滑るとボードの反応も変わるんですよ。

反応がどう変わるのかというと、ボードの弾む感じが増すんです。

ターンの入り口でノーズで捉えて両足でボードに力を伝えるとボードがしなる感覚が分かる。

ボードが柔らかくなった?って勘違いするくらい本来のボードのしなりが感じられるんです。

ボードがしなってから戻る反発が感じられるからターンの切り返しがリズミカルで気持ちいい。

ミニディスクだから本来のボードのフレックスを感じられるんでしょうね。

柔らかいだけではなく反応も抜群でバインディングからボードにしっかりと力が伝わるからカービングもキレる

特にヒールサイドでノーズの捉えが良くてボードを噛ませられるんです。

私、ヒールサイドの捉えが苦手でボードに上手く力を伝えられないんですよね。

普段はターンの入り口で捉えられずにエッジがズレるとターン前半がズレ気味になって気持ちいいカービングにならない…なんてこともしばしば。

なのに、ファルコアだと普段のように左足を使ってバインディングに力を加えるとノーズに力が伝わりやすくてボードがズレずにしっかりとエッジを噛ませられる。

バインディングの違いでここまで滑りが変わるのかと驚かされました(笑)

ユニオンファルコアはグラトリも調子がいいバインディング

ファルコアはボードの上で動きやすいからカービングでズレやすいテールに荷重もかけやすくてカービングがキレる。

ファルコアはグラトリ要素の動きはどうなのか?

答えは、ファルコアはグラトリにも調子が良い

アンクルストラップが柔らかいから膝を落とし込む動きがやりやすいんですよね。

私はまだグラトリ初心者なのでグラトリ練習中のレベルなんですけど(笑)

足首がホールドされているのに柔らかいアンクルストラップのお陰でボードの上で自由に動ける。

自由に動けるからボードをスライドさせたりノーズやテールに体重移動させやすい。

足首の自由度があるからスイッチランのポジションも作りやすい。

地形に入ってもボードの上で動ける遊びやすい。

自由に動けるのに緩いわけではなくて程よいホールド感で安心感もバッチリ。

ユニオン ファルコアはオールラウンドに使える万能なバインディングでした。

ユニオンファルコアはパウダーライディング向け

ユニオン ファルコアは最強スノーボーダーと言えるトラビス・ライスのシグネチャーモデル。

トラビスライスはパウダーランのイメージが強いのでパウダーでの使用感が抜群なのは間違いないと思います。

私は残念ながらパウダーコンディションで使用できなかったので体感できなかったのですが…

▲目次へ戻る

24-25にフルモデルチェンジしたユニオンファルコアのスペックを深掘り!

24-25にフルモデルチェンジとなったUNIONバインディングのファルコア。

トラビス・ライスのシグネチャーモデルでオールラウンドに使える新感覚のバインディング。

新感覚の理由はファルコア独自の構造にあります。

ユニオンファルコアはトラビス・ライスのシグネチャーモデル

シグネチャーモデルとは、「特定の著名人が使用している特別仕様モデル」

シグネチャーとは「著名」を意味する英語なんですね。

つまり、ユニオンファルコアはトラビスライスの特別仕様モデル。

私のような整備された安全なスキー場で滑っている一般ボーダーとは違って、山頂に向かうのにリフトなんか使わない、山頂まではヘリコプターで移動しているトラビス・ライス。

トラビス・ライスがどんな滑りをしているのか知らないって人には動画で彼の滑りをぜひ見てほしいですね。

ファルコアは新構造でベースプレートは3つのパーツから成り立つ

※ユニオンのサイトからカタログを引用しています。

ベースプレートは最下層の柔らかい素材のブッシング。

ヒールカップのつながるきょどのあるベースプレート部分。

フットベッドの3層から成り立っています。

これはユニオン独自の構造ですね。

ファルコアのハイバックはカーボンを使用して強度と柔軟性がある

ハイバックは柔軟なフレームにY字型のカーボンを融合して強さと柔軟性を兼ね備えているんです。

可動と反応の両面性を兼ね備えたバインディングなんですね。

▲目次へ戻る

ファルコアのサイズに24-25モデルからSサイズが登場

24-25モデルからファルコアにSサイズが登場しました。

ブーツが小さくてサイズが無かったんだよ~って人も使えるようになります。

Sサイズ:23.5~25.5

Ⅿサイズ:26.0~28.0

Lサイズ:28.5~31.0

ユニオンファルコア24-25はフルモデルチェンジ!魅惑のフィット感は本当か?試乗会でガチ評価したを総括

ユニオンファルコア24-25はフルモデルチェンジ!魅惑のフィット感は本当か?試乗会でガチ評価したを総括

✅24-25にフルモデルチェンジとなったUNIONバインディングのファルコアをホワイトピアたかすで実際に試乗して分かったのはファルコアの扱いやすさ。

✅ファルコアはミニディスクでボードのフレックスを妨げない。

✅ファルコアは柔らかいだけではなく反応も抜群でカービングで力も伝わる。

✅足首がホールドされているのに柔らかいアンクルストラップのお陰でボードの上で自由に動けるからグラトリにもおススメ。

✅ユニオンファルコアはトラビス・ライスのシグネチャーモデル。

✅ファルコアは新構造でベースプレートは3つのパーツから成り立っている。

✅ファルコアのハイバックはカーボンを使用して強度と柔軟性がある。

✅ファルコアのサイズに24-25モデルからSサイズが登場。サイズはSMLの3サイズ。

【WRX snowboard】Ⅿk-Uを試乗評価レビュー!カービングのキレと安定感が抜群のボードだったWRX snowboard からリリースされる24-25新型モデルⅯk-U。カービングのキレと安定感が抜群で操作性も良く乗っていて楽しいボードです。実際にⅯk-U試乗した感想や試乗したからこそ分かったポイントもまとめて記事にしました。...

【OGASAKA】CTとCTW(ワイド)の試乗評価レビュー!実際に滑って分かった違いを解説OGASAKAのCTとCTWに実際に試乗したので違いを紹介します。迷ったらCTと言われるくらいに乗りやすくて扱いやすいボード。そんなCTの試乗評価レビューとスペックをまとめてみました。...

【WRXスノーボード】Ⅿk‐Wの試乗レビュー。初心者には難易度高めな上級者向けボードWRXⅯk‐Wならガッツリと板を立ててキレキレのカービングができるのかなぁ~なんて期待感を持つ人もいるのではないでしょうか?中級者レベルのカービング好きサンデーボーダーがⅯk‐Wに試乗したら滑りはどう変わったのかを記事にしました。...
ABOUT ME
こくだん
日常の発見や体験は人それぞれ。 自分の体験したことや新たな発見、少ない滑走日数でも充実している趣味のスノーボード、お出かけや旅行のネタを中心にブログ記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.