買って良かった アイテム PR

【ワークマン】インナーダウンは秋から春まで男女問わず使える高コスパの暖かアイテム!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ワークマンが誇る使い勝手抜群の暖かアイテム「ワークマン インナーダウン

ワークマンといえば、寒い冬を乗り切るための高機能でコスパ抜群の暖かアイテムが豊富で寒がりさんの心強い味方。

寒い冬はもちろん、肌寒くなる秋口から寒さの残る春先まで3シーズン使えるインナーダウンは寒さが苦手って人にはホントおススメ。

そんなワークマンの暖かアイテム「ワークマン インナーダウン」を実際に購入して使用している私がインナーダウンについてまとめてみました。

✅ 記事のポイント

・「ワークマン インナーダウン」の着用感を解説

・「ワークマン インナーダウン」は男女問わず着れる

・「ワークマン インナーダウン」の販売状況の確認

✅ 記事を書いた人

「こくだん」

・「ワークマン インナーダウン」を使用して2年

・雪山でも「ワークマン インナーダウン」を使用経験あり

・機能重視のワークマンアイテムで冬の寒さに立ち向かっている人

ワークマン インナーダウンを評価

・ワークマン インナーダウンはフュージョンダウンとブラックアルミで暖かい

・インナーダウンって何?

・ワークマン インナーダウンのサイズ感

・ワークマン インナーダウンはメンズとレディースがある?

・インナーダウンは洗濯機で洗える

・ワークマンのインナーダウンとユニクロのインナーダウンの違い

ワークマン インナーダウンはフュージョンダウンとブラックアルミで暖かい

ワークマンといえば、寒い冬を乗り切るための高機能でコスパ抜群の暖かアイテムが豊富で寒がりさんの心強い味方。

ワークマンの豊富な暖かアイテムと出会ってからは、私も寒さを我慢せず冬を快適に過ごせています。

ワークマンで手に入る勝手抜群の暖かアイテム「ワークマン インナーダウン」。

ワークマン インナーダウンは独自のフュージョンダウンが使われています。

フュージョンダウンとは、リサイクルダウンが35%、フェザー5%、吸湿発熱綿が60%の割合で配合された洗濯にも強いダウン。

背中部分にはブラックアルミが施されていて保温性も高く暖かさを逃さない。

リペアテックという針で突き刺しても穴がふさがる構造で中のダウンが外に出にくいのも特徴。

デザインは襟がない丸首。

この丸首デザインがインナーとしてもアウターとしても着られる幅を増やしてくれるので私は重宝しています。

前側はファスナーではなくボタン。

ボタンになっているからファスナーみたいに前から風が入ってくることもないし、暑くなってきたらボタンの上部だけ止めて下を開けるように着れば温度調節もできちゃう。

作業着を手掛けるワークマンは収納もバッチリ!

外のポケットに加えて大きな内ポケットが2つ。

裾部分は広がりにくいゴム仕様なので、丈の短いアウターでもはみ出しにくくてインナーとして使いやすいと思います。

これで税込み2,500円はコスパ高いですね。

▲目次へ戻る

インナーダウンって何?

インナーダウンになじみのない人もいると思うので少し説明しますね。

インナーダウンはコートやジャケットの中に着用するダウンウエアのことで、ダウンのアウターに比べると羽毛の量が少ないのが特徴。

羽毛の量が少なくスリムなデザインだからインナーダウンの上からアウターを着ても着ぶくれしないんです。

袖のあるシャツ型やアームを取り除いたベスト型なんかもあって、襟を取り除いたデザインが主流。

最近ではアウターとして着用する人も多いみたいで、無印良品やユニクロでもインナーダウンを取り扱っています。

私なんかはインナーとして着るだけではなく、部屋着の上から気軽にサラッと羽織ったりしています。

インナーダウンは使い勝手が豊富な便利アイテムなんです。

▲目次へ戻る

ワークマン インナーダウンのサイズ感

インナーダウンのサイズは、S、Ⅿ、L、LL、3Lの5種類。

身長162cmで体重55Kgと男性としては小柄な私はⅯサイズを着用しています。

Sサイズだとインナーとしては着られるけど、羽織るには窮屈。

Ⅿサイズなら上着の中にインナーとしても着られるし、アウターとして羽織ることもできる使い勝手の良いサイズ。

個人的にはⅯサイズはウエスト回りはゆったりした着心地かなぁ。

使い方は人それぞれだと思うので、試着してサイズを確かめると良いと思います。

▲目次へ戻る

ワークマン インナーダウンはメンズとレディースがある?

※ワークマン公式通販サイトを引用しています。

ワークマン インナーダウンはメンズとレディースを分けておらずユニセックス。

男性も女性もどちらも着られる仕様なんですね。

カラー展開はブラック、アーバンネイビー、ディープグリーン、ブラウン、マスターイエローの5種類。

インナーダウンは洗濯機で洗える

ワークマン インナーダウンの特徴、フュージョンダウンは自宅の洗濯機で洗えちゃう。

リサイクルダウンが40%(ダウン:フェザーの割合が約9:1)

吸湿発熱綿が60%(ポリエステル:アクリルの割合が約8:2)

だから洗濯機で洗えるんですね。

汚れたら自宅で洗えてしまうダウンだから汚れを気にせずガンガン使えます(笑)

▲目次へ戻る

ワークマンのインナーダウンとユニクロのインナーダウンの違い

ユニクロのインナーダウンも気になりますよね。

ってことでユニクロのウルトラライトダウンジャケットを見てみましょう。

ユニクロは「ウルトラライトダウンジャケット」はアウターとして着用する前提の襟があるデザイン。

前はファスナーになっていて、ポケットにもファスナーが施されています。

内ポケットがあって、付属する袋がつけ外しできるようになっています。

個人的に大きな違いと感じたのが値段。

5,990円はワークマン インナーダウンの倍以上。

用途も仕様も違うのでワークマンとユニクロ、好みの分かれる所ですね。

▲目次へ戻る

秋・冬・春と3シーズン使えるワークマン インナーダウンはコスパ最高

・ワークマン インナーダウンはいつ着る?

・ワークマン インナーダウンはベストと半袖もある

・インナーダウンの下に着るもの

・ワークマン インナーダウンは通販で手に入る?

・売り切れてる?店舗に在庫はあるの?

・ワークマン インナーダウンにはパンツもある

・ワークマン インナーダウンは秋から春まで男女問わず使える高コスパの暖かアイテムを総括

ワークマン インナーダウンはいつ着る?

インナーダウンはいつ着る?と使い方に迷う人もいるのではないでしょうか。

インナーダウンは寒い冬はもちろん、肌寒くなる秋口から寒さの残る春先まで3シーズン使えます。

秋口って、日中は暖かいのに日が暮れると急に寒くなってきますよね。そんな時はサッと羽織って防寒対策。

付属の袋に入れるとコンパクトで持ち運びにも便利。紅葉なんかを見に屋外に出かける時は荷物に忍ばせておくと重宝しますよ。

冬は防寒アイテムとして活躍します。

アウターの中に着るのも良し、ルームウエアの上から羽織るのも良し、私は冬のシーズンはほぼ毎日着ているんじゃないのってくらいに使っています。(笑)

春先も使えて便利なインナーダウン。

春先、特に3月って寒暖差が激しいけど、真冬の格好はちょっと重いじゃないですか。

ガッツリしたアウターは季節感が無いけど、春先の薄手の服では正直、寒い。

そんな時、私はインナーダウンをパーカーの中に着ちゃいます。

これがほんと暖かい。

着ぶくれしないの?って思うかもですが、そこまで気にならないんです。

春先の格好でも防寒対策で使えるインナーダウンは3シーズン使えるからコスパ良しのアイテムですよ。

▲目次へ戻る

ワークマン インナーダウンはベストと半袖もある

ワークマン インナーダウンはベストと半袖もあるんです。

ベストは細身のアウターの中にも着られるから便利ですね。

半袖は胸の部分にファスナー付きのポケットがあって用途が広がります。

個人的に使えると思ったのが、春先のスノーボード。

春先のスノーボードはパーカースタイルで滑る人も多いですよね。

パーカーの中に着られて腕の動きも妨げない半袖は使えそう。

しかも胸ポケットにファスナーが付いているからICリフト券が入れられる!

春先のスノボ向けに新たに作られたんじゃね?って思えてしまうくらい。

私のスノボ記事はコチラ⇩

☆彡スノーボードカテゴリーページ☆彡

インナーダウンの下に着るもの

私はインナーダウンの下に「ワークマン サーモマックス」を着て、一番上にパーカーを着て出かけることもあります。

【ワークマン】サーモマックスは男女問わず使える超コスパの良い極暖なインナー!ワークマンといえば寒い冬を乗り切るための高機能でお手軽価格の暖かアイテムが豊富で寒がりさんの心強い味方。そんなワークマンの暖かなインナー「ワークマン サーモマックス」を実際に購入して使用た内容をまとめて記事にしました。...

真冬の寒さも正直耐えられたりするワークマンのアイテムには助けられています。

反対に、暖かくなってくるとインナーダウンの下にパーカーを着ることもあります。

ワークマン インナーダウンは通販で手に入る?

ワークマン インナーダウンはオンラインストアで手に入ります。

ただ、人気商品なのか、1月時点ではオンラインストアは全てのサイズが売り切れになっていました。

売り切れてる?店舗に在庫はあるの?

ワークマン インナーダウンは1月時点で店舗では在庫が何着もありました。

数年前は店舗でも売り切れで手に入らない人もいたのではないでしょうか。

以前よりは手に入りやすくなってきたようですね。

ワークマン インナーダウンにはパンツもある

ワークマン インナーダウンにはパンツとハーフパンツもあるんです。

ダウンパンツはユニクロでも見かけないのでワークマンならではの商品ではないかと思います。

動きやすいように膝部分には伸縮生地を使ってあります。

裏側はもちろんブラックアルミで保温性も兼ね備えています。

ハーフパンツも使い方によっては便利なんですよ。

個人的には重宝しています。

▲目次へ戻る

ワークマン インナーダウンは秋から春まで男女問わず使える高コスパの暖かアイテムを総括

✅ワークマン インナーダウンは独自のフュージョンダウンが使われてるから洗濯にも強いダウン。

✅背中部分にはブラックアルミが施されていて保温性も高く暖かさを逃さない。

✅インナーダウンはコートやジャケットの中に着用するダウンウエアのことで、ダウンのアウターに比べると羽毛の量が少ないのが特徴。

✅インナーダウンのサイズは、S、Ⅿ、L、LL、3Lの5種類。身長162cmで体重55Kgと男性としては小柄な私はⅯサイズを着用。

✅ワークマン インナーダウンはメンズとレディースを分けておらずユニセックス。

✅ユニクロは「ウルトラライトダウンジャケット」って名前からアウターとして着用する前提の襟があるデザイン。

✅インナーダウンは寒い冬はもちろん、肌寒くなる秋口から寒さの残る春先まで3シーズン使える。

✅ワークマン インナーダウンはベストと半袖もある。

✅ワークマン インナーダウンはオンラインストアで手に入るが、早めに手に入れないと売り切れる可能性が高い。

✅ワークマン インナーダウンは1月時点で店舗では在庫が何着もあった。

✅ワークマン インナーダウンにはパンツとハーフパンツもある。

【ワークマン】サーモマックスは男女問わず使える超コスパの良い極暖なインナー!ワークマンといえば寒い冬を乗り切るための高機能でお手軽価格の暖かアイテムが豊富で寒がりさんの心強い味方。そんなワークマンの暖かなインナー「ワークマン サーモマックス」を実際に購入して使用た内容をまとめて記事にしました。...
【ワークマン】防水フェストブーツは折りたたみできる長靴。サイズ感や使い勝手をレビュー!コンパクトに収納できて持ち運べて動きやすい長靴があったらいいのにって思っている人におススメなのがワークマンの折りたためる長靴、防水フェストブーツ。使用感やサイズ感、濡れないのかなど使用したから分かったことをまとめて記事にしました。...
【ワークマン】99円のコスパ最強手袋は可愛いデザインで女性の日常使いにもおススメワークマンの99円で購入できる作業手袋がデザインも可愛くて日常使いでもおススメ。実際に私が使用している手袋のポイントをまとめました。...
ABOUT ME
こくだん
日常の発見や体験は人それぞれ。 自分の体験したことや新たな発見、少ない滑走日数でも充実している趣味のスノーボード、お出かけや旅行のネタを中心にブログ記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.